お金RESPECTまとめ

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [RU] 2019/02/08(金) 16:23:09.82 ID:xm6AIyLR0 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    買い物は「コスパ」の良し悪しで
    「ニベアってあの超高級クリームと同じ成分であの値段、コスパ良すぎない?!」
    「トリキ(鳥貴族)飲みって、やっぱりコスパ良いわ~」
    「某ハイブランドの数万円のセーターと、ユニクロの5000円のセーター、着心地ほぼ一緒なんだよね。コスパ的にそっちかな」

    こんなふうに、友達と買い物をしたり、食事をしたりするときに、「コスパ」という言葉が飛び交うのが、私たちミレニアル世代の特徴です。

    no title


    「コスパ重視」の背景は「おカネ」?
    その背景にあるのは「おカネ」の問題。

    ミレニアル世代は、いわゆる「失われた30年」を生きてきた世代です。日本経済の縮小は、私たちミレニアル世代の所得事情にも大きく影響しています。

    一例ですが、国税庁の年齢階級別の平均給与を見てみると、20歳から24歳の平均が258万円、25歳から29歳の平均が351万円、
    30歳から34歳の平均が403万円。

    特に、働き盛りの20~34歳の平均が約337万円。単純に12か月で割れば28万円の給与となりますが、ボーナスがあってこの金額だとしたら
    月々の手取りはもっと少ないでしょうし、ここから社会保険料や所得税などが引かれれば、手元に残るお金はますます減ります。

    安さを追求した先にはさらなる貧困
    最近の若者の間では、もはや「ユニクロですら高い」という声もあります。確かにユニクロには1000円台で買えるようなコスパがいいものもありますが、
    中には1万円くらいの、いわゆる普通の価格のものも売っています。

    一方でネットショップなどでは、もっと安い値段で同じようなものを買うことができたりもするとなると、だったらネットで買った方が良いという
    思考回路に簡単に切り替わる人も多いのです。

    家を買う、買わない、車を買う、買わないといった将来のために大きい買い物を……、という考え方は古いのです。自己投資や身近なコスパを
    重視するというような「今」を重視する消費スタイルが、ミレニアル世代のお金のリアルと言えるでしょう。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15991028/

    【今の若者にとってユニクロが高すぎる件】の続きを読む

    このページのトップヘ