お金RESPECTまとめ

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/02/19(火) 20:31:01.67 ID:2ZzGzlWt0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
    金融庁は、家計の安定的な資産形成を図るため、つみたてNISAの普及・利用促進に向けた取組みを行っている。
    2月13日に発表された利用状況のまとめによると、2018年3月末時点で51万口座だったつみたてNISAの口座数が、12月末時点で100万口座を突破。

    また、つみたてNISAの買い付け額も、2018年3月末の111億円から、12月末時点では927億円と増加している。

    NISAには「つみたたNISA」と「一般NISA」の2つがある。
    一般NISAでは、20代・30代・40代が占める割合は約3割にとどまっているが、つみたてNISAでは約7割に達している。

    つみたてNISAが100万口座突破
    https://moneyzine.jp/article/detail/215839
    no title

    no title

    【資産運用ってしたほうがいいの?】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/02/23(土) 03:55:34.46 ID:Nf1hbDYh9
    勢い失われれば「当然、追加緩和」 日銀・黒田総裁語る
    湯地正裕
    2019年2月22日21時18分

     日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁が朝日新聞の単独インタビューに応じ、目標の物価上昇率2%への勢いが景気減速などで失われれば、「当然、追加緩和策を検討することになる」と述べた。金融緩和を強化する手段として、金利引き下げや国債の買い増しなど「様々なオプションとその組み合わせということがあり得る」とした。

     黒田総裁は追加緩和策として、現在は「マイナス0・1%」の短期金利や「ゼロ%程度」の長期金利の水準の引き下げ、マネタリーベース(市場に供給する資金量)の「増加のテンポを加速する」などを挙げた。「経済や金融の実態に最も適切で、副作用が最小限にとどめられるような政策をとる」とし、複数の手段を組み合わせる考えも示した。

    中略

     10月に予定される消費税増税については、軽減税率やポイント還元などで「直接的には経済にネガティブ(否定的)な影響はほとんどない」と述べた。米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)からの離脱問題で不安が高まる世界景気は「欧州の状況はやや気になる」としつつ「メインシナリオとしては比較的順調な世界経済の拡大が続く」との見通しを示した。インタビューは21日に行った。(湯地正裕)

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM2P5217M2PULFA015.html

    【【安心】黒田日銀総裁「消費税増税は経済にネガティブな影響なし!」 】の続きを読む

    このページのトップヘ